アクタージュ81話のネタバレ‼︎

学園青春

どうもみなさんこんにちは。

映画や舞台を中心に、演劇をテーマにした週刊少年ジャンプで連載している漫画『アクタージュ』。

そのアクタージュの最新話81話が発売されました!

アクタージュ81話のネタバレや考察、81話の続きの予想を紹介します‼︎

注)この記事は「アクタージュ81話」のネタバレを含みます。
ネタバレが苦手な方はここで記事を読むのをお辞めください


アクタージュ81話のあらすじ【ネタバレ注意】

それでは早速アクタージュ81話のあらすじをネタバレしていきます。

アクタージュ81話では時間軸が舞台『羅刹女』本番の1週間前となっています。
いよいよ本番間近というところまで来ていますね。
『羅刹女』ではダブルキャストとして孫悟空と羅刹女を、
王賀美陸・夜凪景ペアと明神阿良也・百城千世子ペアがそれぞれサイド甲とサイド乙に分れて演じます。

アクタージュ80話はサイド乙で舞台役者・明神阿良也と映画俳優・王賀美陸の明確な演技の違いがこれから見られるのではないかという期待が高まるような内容でした。

今回の内容ですが、夜凪の演技がこれまでとはまるっきり変り、共演者達が戸惑っている様子から始まります。

夜凪は自分への怒りを元に羅刹女の演技の完成度を高めている百城を目の当たりにしたことによって、強く影響を受けていましたね。

そんな夜凪をよそに他の共演者達と脚本家である山野上花子が本番で使う舞台に集まり話を始めます。
『羅刹女』という作品は宝具である芭蕉扇を孫悟空があの手この手で羅刹女から奪おうとするお話です。
夜凪は羅刹女の怒りを演じるために家族を捨てた父親の記憶を呼び覚まし怒りを表現しようとします。
しかし山野上花子はさらに夜凪に対し仕掛けを施し、不可を掛けることによって舞台が成功するのではないか?と考えました。

一体その仕掛けとは何なのでしょうか?
残念ながらアクタージュ81話はここで終わりです。
アクタージュ80話と合わせあまり大きな動きはありませんが、アクタージュは本番目前にして徐々に物語が動いていくのでそのための伏線がたくさん張られていますね。まだ明らかになっていない王賀美の演技についても注目していきたいです。

アクタージュ81話の考察【ネタバレ注意】

続いてアクタージュ81話の考察を見ていきましょう!

アクタージュ81話を読んで気になった箇所を挙げると
①夜凪の怒り
②共演者武光の過去
の2つです

夜凪の怒りについてですが、冒頭部分で最近事務所に顔を見せていなかった夜凪が日差しぶりに顔を出します。

羅刹女を演じるための怒りに変化があったとはいえ、それがどのような意味合いを持って夜凪と事務所の距離感を変えたのでしょうか?

夜凪はアクタージュ81話で「敵には慣れておいた方がいい」と発言していますが、これは夜凪と事務所の距離感の話ではなく、敵対関係にある羅刹女と孫悟空の距離感に対する発言として捉えることができます。

夜凪は羅刹女を演じる上で必要なことの1つに敵対関係にあるサイド乙を知ることが重要と考えたのかもしれません。

次に武光の過去についてです。
共演者武光は前回のデスアイランド編で夜凪と共にオーディション枠を勝ち取った一人であり、羅刹女編においても引き続き共演者として役をもらった登場人物です。

売れるまで生計を立てるのが役者は大変ですが、恐らく武光もまだ大きくストーリーには出てきませんがそれなりの過去があるように思われます。

アクタージュでは舞台本番でのストーリーと共に役者それぞれのエピソードが展開されていくので、『羅刹女』舞台本番でなにかしら武光の過去が描かれるのではないでしょうか。


アクタージュ81話の続きは?【ネタバレ注意】

今すぐにでも山野上花子の仕掛けが気になりますね!
82話ではどのように動くのか楽しみです。

山野上花子は夜凪の共演者達に対して夜凪を支えるように促しているので相当大きなショックが起こるのは当然予想されます。
もしかすると実の父親に関するなにか具体的な情報あるいは嘘を使い夜凪の父親に対する怒りを増幅させたりするのかもしれませんね。

アクタージュがどのように展開していくのかが楽しみです

タイトルとURLをコピーしました