ブラッククローバー222話のネタバレ!!

ブラッククローバー

どうも、こんにちは。

ブラッククローバーの最新話222話が週刊少年ジャンプ44号で公開となりました。

今号のブラッククローバーは、センターカラーのドロシーがとってもキュートです!
さらに、10月4日(金)に最新コミックス22巻と、小説版第3弾の発売も決定しました!

というわけでブラッククローバーの最新話222話のネタバレや考察、さらには223話の続き予想も紹介していきます!!

注)この記事はブラッククローバー222話のネタバレを含みます。
ネタバレが苦手な方はここで記事を読むのをお止めください。


ブラッククローバー222話のあらすじは?【ネタバレ注意】

それでは早速ブラッククローバー222話のあらすじをネタバレしていきます!

悪魔が関わる禁術について探っているヤミとアスタ。
そんな中、ノエルは1人で「珊瑚の孔雀」団長・ドロシーの下を訪れていました。

ノエルは、自分の母の死と悪魔が関係しているのでは…と聞こうとしますが、ドロシーがその言葉を遮ります。

そして意味深なセリフと同時に、ドロシーの夢魔法〝幻惑の界〟へ移動。

どうやら、ノエルの聞きたい事は現実世界では口には出してはいけないみたいです。

その〝幻惑の界〟では、ヤミと一緒にいるはずのアスタが突如出現。

そして、ノエルを可愛い!ずっと見ていたい!と言い出しますが、どうやらノエルの想いをドロシーが具現化していたようです。

このように、〝幻惑の界〟は、何でもドロシーの想い通りになる魔法空間の為、秘密を話すにはピッタリとのこと。

次にドロシーは、ノエルの兄であり「銀翼の大鷲」団長・ノゼルもイメージして創り出します。
ノゼルも交え、アシエの死に隠された真実をドロシーが語り始めました。

それは、アシエは悪魔の呪いで命を落とした事、そしてその呪いを口にした者は同様に命を蝕まれるというものでした…。

その為、ノゼルは外界と切り離された〝幻惑の界〟でしか呪いについて話す事はできず、ドロシーもまたノエルに真実を伝えるべく〝幻惑の界〟に連れてきたという事でした。

そんなショッキングな真実の後、ノゼルがまさかのノエルにデレ全開。
思わずノエルは魔法でふっ飛ばしてしまいます。

とは言え本物ではなく、ドロシーが創り上げたノゼルなので、彼女の目に妹が大好き過ぎるお兄ちゃんという風に見えているようです。

本題に戻ると、アシエの命を奪った犯人は悪魔でした。

しかし、悪魔はイレギュラーが無い限りクローバー王国に現れることはないそう。
けれど、今その悪魔が密かに動き始めている…とドロシーは言います。

ノエルは母の仇、アスタを救う鍵の正体を知り、何かを決意した表情。これから重要となる悪魔の名前は『メギキュラ』と判明し、物語は次回へ続きます。

ブラッククローバー222話の考察【ネタバレ注意】

続いてブラッククローバー222話の考察を見ていきましょう。

ドロシーの夢魔法で創られた空間〝幻惑の界〟は、使用者の想い通りになるとの事でとてもハイスペックな魔法ですね。
これからの物語で、様々な活躍を見せてくれそうです。

そして222話で最も衝撃的だったのは、ノエルの母は悪魔の呪いによって命を落としていたという事です。

しかも、その呪いは『口にした者は同じく命を蝕まれる』というもの。
母親に似ているという理由もありましたが、ノゼルがあそこまでノエルを疎遠にしていた事にすごく納得できます。

さらに、他の兄弟にも口をつぐんでいたとそうなので、今までノゼルがどれ程つらい想いをして来たのか…シルヴァ家の悲劇は想像以上のものでした。

さらに、悪魔は普段は人間の世界に現れる事はなく、魔道士が禁術で契約したとしてもわずかに力を振るえる程度…と、人間と悪魔の関りも少し明らかになりました。

ですが、今『メギキュラ』という悪魔が人間の世界で暗躍し始めているとの事。

アスタの魔導書に宿っているのも悪魔ですし、エルフとの戦いでも悪魔が敵として立ちはだかりました。

クローバー王国は悪魔に狙われているのでしょうか?

他3つの国が悪魔と契約して、クローバー王国を陥れようとしているとか…?

なんにせよ、ノエルがこの『メギキュラ』に対し、どのような動きを見せるのか目が離せません。


ブラッククローバー222話の続きは?【ネタバレ注意】

最後に、ブラッククローバー222話の続きは一体どうなるのか?を考察していきます!

『メギキュラ』という新たな悪魔の出現。

ノエルの母の命を奪い、シルヴァ家に呪いをかけた張本人であり、アスタを救う鍵となるかもしれない存在。
物語は、この悪魔を追って加速していきそうです。

ドロシーが言うようにイレギュラーが無い限り悪魔は人間の世界に現れる事はなく、魔道士と契約しても、その魔道士が制限付きで力を使える程度との事なので、悪魔本体が動いているというのは、非常に謎が多いです。

エルフとの戦いの時の様に誰かを媒体にしている可能性もありますし、クローバー王国を落とそうと目論む他国が絡んでいるかもしれないですね。

ノエルには無事に母の仇を討ってほしいですし、アスタの悪魔に関する秘密も徐々に明かされていくことを期待したいです。

そんな次回の週刊少年ジャンプ45号でのブラッククローバーは、『メギキュラ』との因縁の戦いに迫るのでしょうか。これからどのように展開していくのかが楽しみですね!

タイトルとURLをコピーしました