ぼくたちは勉強ができない127話のネタバレ‼︎

ぼくたちは勉強ができない
どうも、こんにちは。
もうすぐアニメ二期が始まるということで盛り上がっているぼくたちは勉強ができない。
そんなぼくたちは勉強ができないの最新話127話が9月14日に発売されます。
今回はその127話のネタバレや考察、次回の展開予想などを紹介していきます。
注)この記事は「ぼくたちは勉強ができない127話」のネタバレを含みます。
ネタバレが苦手な方はここで記事を読むのをお辞めください

ぼくたちは勉強ができない127話のあらすじ【ネタバレ注意】

センター試験まであと10日を切り焦る一同

なりゆきも緊張し模試の結果を見て落ち着こうとします。

うっかり落としてしまった模試の結果を拾ったのは学園長

4月の利益が教育係に任命された時、
今までの教育係同様、すぐに志望分野を変えると思っていたそうです。

そして学園長自身そうするべきだと考えていました。

同級生だったらその説得もしやすいと思って成幸を起用したらしい…

しかし見事に成幸は文乃たちの苦手を克服させました。

その事に学園長は深く感謝をします。

それに対して成幸は
「できないことに向かって必死に頑張るみんなが好きだから手伝ってあげたい。乗り越えたのは 彼女たち自身の力だ」
と言います

それを聞いて学園長は
かつて生徒に対して真剣だった成幸の父を思い浮かべます。

そういった会話をこっそりと聞いていた文乃たち。

感動しますます成幸のことが好きになった模様です。

成幸の手を握ろうとみんな温めるという建前を必死に作って奪い合います!

 

そして月日は流れ、時は1月18日センター試験当日。

雪は降っていますが晴天のテスト日和です!

成幸がセンター試験会場まで歩いていると、後ろから犬が走ってきました。

するとその犬がなんと車道に飛び出そうとします。

なんとか犬を助けた成幸でしたが、うっかり手すりから手を滑らせてしまいます

センター試験会場で成幸を待つみんな
珍しく一番に来ていない成幸を心配します

そして最後のページには、
階段から転げ落ちてしまった成り行きの姿が…

一体成幸のセンター試験はどうなってしまうのか!?

ぼくたちは勉強ができない127話の考察【ネタバレ注意】

いや今回は衝撃の展開でしたね!!

 

一体成幸はどうなってしまうのか…

本当に気になるところです

 

今回、学園長と成幸の会話がメインの話でしたが、

ここもまた興味深かったですね。

 

学園長が成幸を教育係に任命した裏には、

同級生だから説得させやすいというふうな思惑があったとは初めて知りました。

 

学園長は文乃や理珠と言った天才たちの得意分野を伸ばそうとしていた人間だったんですね。

 

今までの教育係が諦めたその志望分野を乗り越えさせた成幸が

「それは自分の力ではなく文乃たち自身が頑張ったからだ」

という風に語ったところも胸熱でした!!

 

そんなぼくたちは勉強ができない127話でしたが、

今回考察するのはそのセンター試験の日程です。

 

ぼくたちは勉強ができないではセンター試験が1月18日19日となっております。

 

センター試験は 1月13日以降の土曜日・日曜日に行われるということだけが決まっていて、その日付は年によって変わります。

 

それでこの1月18・19日という日程はいつのなんだろうと思い調べてみると…

 

なんとこの日程は今年の受験生たちが受験する2020年のセンター試験日程でした!!

 

これは受験生の読者たちを意識したものなんでしょうかね!?

 

受験生たちがこの漫画を読んで 勇気づけられているといいですね!

 

頑張れ受験生!


ぼくたちは勉強ができない127話の続きは?【ネタバレ注意】

さて気になるぼくたちは勉強ができない127話の続きがどうなるのか考察していきましょう。

 

おそらくセンター試験会場に来ないな成幸を心配して文乃たちが探しに行くのではないでしょうか?

 

ですが受験生だということを考えると、

もしかしたら探しに行くのは文乃たちではなく、それを聞いた真冬先生という線もありますね 。

 

一瞬あしゅみー先輩かな?と思ったんですが、

あしゅみー先輩は浪人生でありながらなぜか同じ受験会場にいたので、ないと思います。

 

そのまま成幸が気合いで乗り切るというのもありえると思うのですが、

漫画的な展開を考えてしまうとないのではないかと思います。

 

このハプニングをどう乗り越えるのか楽しみですね!

 

これからのぼくたちは勉強が出来ないの展開が楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました