ぼくたちは勉強ができない128話のネタバレ!!〜神よ、成幸を救いたまえ!!〜

ぼくたちは勉強ができない
どうもこんにちは。
先週は衝撃のラストを迎えた「ぼくたちは勉強ができない」。
その続き、ぼくたちは勉強ができない128話が発売されました!
今回はその128話のネタバレや考察、次回の展開予想などを紹介していきます。
注)この記事は「ぼくたちは勉強ができない128話」のネタバレを含みます。
ネタバレが苦手な方はここで記事を読むのをお辞めください

ぼくたちは勉強ができない128話のあらすじは?【ネタバレ注意】

それでは早速ぼくたちは勉強ができない128話のあらすじを見ていきましょう

 

センター試験会場に来ない成幸を心配して電話をかけるうるか達

 

すでにに何十回もかけたそうです

心配になる一同。

 

しかし会場前でウダウダしても仕方がないと文乃達に試験会場へ入ることを勧めるうるか

 

会場を飛び出すうるかでしたがどこを探せばいいのか見当もつきません

 

センター試験開始まであと30分、

時間が迫ります

 

全速力で成幸の家までの道をしらみつぶしにするかと思っていると足元に何やら見覚えのある犬が。

 

そしてうるかはその犬を見て何かに気づきます。

 

場面は変わって階段から落ちてしまった成幸

 

意識を取り戻しセンター試験会場に戻らなくてはと焦ります。

 

時間を確認しようとしますがスマホが壊れていました。

 

とにかく会場を急ごうとする成幸。

しかし立ち上がったところで左足に違和感を感じます。

どうやら階段から落ちた時に怪我をしてしまったようです

 

みんなで頑張ってきた俺だってこんなところで終わってたまるか

そう自分を鼓舞しながら足を引きずって階段を登ります

 

しかし手すりから手を滑らせてしまい倒れそうになったその時…

 

うるかが助けに来ました…!!

 

うるかはあるハンカチを口にくわえていた犬に案内され成幸の元までたどり着いたのでした

 

そのハンカチとは成幸の家族が合格を願い作ってくれた応援メッセージ入りのハンカチでした

 

うるかに支えられながらセンター試験会場へと向かいます。

その時文乃から電話がかかってきます

 

成幸と合流できたこと、今御影通りににて会場へと向かっていることを伝えます。

 

しかしここでスマホの電源が落ちてしまいます

成幸を心配して何十回も電話をかけていたことがここでたたったようです。

 

試験開始まで15分前

 

今いる場所から会場までは普通に歩いても30分はかかります

 

自分の間の悪さに悔やむ成幸

そんな成幸を見て覚悟を決めるうるか

 

うるかに体重を預けることでスピード上げ、走りながら会場へと向かいます

 

試験開始まであと7分

 

どう考えても間に合わない

それでも支えてくれる人がいる限り最後の瞬間まで足掻こうとします

受験に間に合わなくてもこの一歩一歩に意味がある

 

成幸がそう考え始めた時、乱暴な運転の車が止まります

 

早く乗りなさいと言いながら行ってきたのは真冬先生

 

成幸が来ていないことを聞いた真冬先生は、試験を受ける3人に会場へ入ることを勧め、あとは任せろと宣言していたのです

 

真冬先生に感謝する成幸とうるかですが

ここまでこれたのはうるかのおかげだと言う真冬先生

 

先ほどかけた電話で大体の場所が伝わりさらに成幸を支えて大通りに出たことで、簡単に拾うことが出来たということです

 

なんとか会場へとたどり着いた成り行き

それを見た一同は安心します

 

そしていよいよセンター試験が幕を開けます

 

時刻は9時30分、第一の試験英語開始!!

 

 

ぼくたちは勉強ができない128話の考察【ネタバレ注意】

いや〜僕たちは勉強ができない128話良かったですね!!

ジャンプ漫画らしく熱い展開でした

 

そして前回の記事で言っていた予想が当たりましたね。

真冬先生が助けに来るんじゃないかという展開が当たりました

 

後のことは先生に任せてという先生が本当にかっこよかったです

 

今回さて考察するのはセンター試験の時間割と会場への入室についてです

 

僕たちは勉強ができないでは128話で描かれていたように9時30分から英語の試験が始まります

 

これは実際のセンター試験と比較してみると少し異なります

 

実際の試験では試験科目によって始まる時間が異なり1教科目は必ず地歴公民です

 

まあ多分作者はあまり考えていなかったんでしょうね笑

(英語なら最初はリスニングじゃないの?とか言わない)

 

大事なのは時間が同じだということ

 

実際にセンター試験を受けた方だったら分かると思うんですけれどもセンター試験はかなり時間にシビアです。

 

公平を期すために正確な時間を測っています。

 

そんな会場にギリギリで入ってくる成幸がすんなりと会場に入れたのは少し違和感がありました。

 

あと数分で試験が始まるという時はおそらく会場側の方もピリピリしているでしょう。

そんな時にバタバタ来ても対応がもたつくはずです

 

ではどうしてすんなり入ることができたのか?

 

それはおそらく真冬先生が裏で手を回していたからだと思います

 

うるかが成幸を探しに行き電話で連絡がつくまで約15分間あります。

この間に何もしていないとは思えません

 

伝えたのが先生であれば会場がすぐに対応してくれるのもうなずけます。

 

本当真冬先生は最高ですね !!

 


ぼくたちは勉強ができない128話の続きは?【ネタバレ注意】

最後にぼくたちは勉強ができない128話の続きは一体どうなるかを予想します。

 

128話の最後に

「次号、センター試験結果発表!」

とあったので自己採点までやると思われます。

 

意外とセンター試験がすんなり終わるんだなと思いましたね。

もっとそれぞれの試験で葛藤したりするのかと思ってました。

 

それはさておきセンター試験の自己採点といえば、そう志望校決定ですよね!

 

センター試験結果次第で第一志望のまま行くか、それともランクを下げるのか…

 

毎年受験生が悩むこの決断

 

おそらくこれはぼくたちは勉強ができないでも同じでしょう。

 

それぞれがどう判断するのか…ドキドキですね。

 

 

ぼくたちは勉強ができない128話はいかがでしたか?

 

私は真冬先生にますます惚れ込みました!

 

これからのぼくたちは勉強ができないの展開ぎ楽しみですね!

タイトルとURLをコピーしました