Dr.STONE123話のネタバレ!!

Dr.STONE

どうも、こんにちは。

前回のDr.STONEではモズに基地がばれてしまった科学王国。

123話では最強ともいわれているモズとの舌戦が始まります!

今回はDr.STONE123話のネタバレや考察、123話の続きの予想などを紹介していきます!

注)この記事は「Dr.STONE122話」のネタバレを含みます。
ネタバレが苦手な方はここで記事を読むのをお辞めください。


Dr.STONE123話のあらすじ【ネタバレ注意】

それでは早速Dr.STONE123話のあらすじを紹介します!

カセキ、ユズリハの製作コンビによりかろうじて完成したように見えるドローンを飛ばし、「妖術の鳥」でゲンはモズを揺さぶります。

そしてこの「未完成のドローン」を取引(ディール)ゲームの最初の一手とゲンは言います。

メンタリストゲンはココロ操りテクニックを駆使し、モズを懐柔していきます。

モズの近くに寄り、同じ方向を向いて話すことで連帯感を出す。
微妙に的外れなデータを使い訂正を誘い、話に乗せる。
次々とテクニックが繰り出されます。

しかしモズの頭の中には科学王国を皆殺しにするか、イバラを殺すかということしかないようです。

そしてモズは科学王国にこの宝島の内情を伝えます。

頭首を石化させたのは宰相イバラ、それによりモズ自身も動きやすくなったというような口ぶりです。
後宮の女の子たちも自分のものにできるという思惑もありそうです。

ですがどうやらモズ自身も石化武器は恐ろしいようです。
そして、その石化武器を持つキリサメもまた強いことを認めています。

イバラの思惑通りモズがイバラに手を出せば、キリサメがモズを石化させるという三すくみが生まれているのです。

そこで、千空とゲンは改めてモズに「取引」を持ち掛けます。

それは「妖術協力の条件として確実に石化武器を渡すこと」。

しかしそれに対してモズは武力優位をちらつかせ、取引が無意味であることを示し、妖術の協力も石化武器の奪還もすべて自分のものだと主張します。

それこそが、ゲンの目的だったのです。

「科学王国の皆殺しか否か」から「協力前提の石化武器の所持権」に話がすり替わっています。

こうして、モズが今だけ仲間になりました。

いよいよ、再び後宮のある敵の本拠地へと攻め入ります。

Dr.STONE123話の考察【ネタバレ注意】

次にDr.STONE123話の考察を紹介していきます。

今回はゲンの活躍回です。
さすがはメンタリスト、といったところです。

一時的とはいえ、見事にモズを手籠めにすることができました。

ここで今回は敵側の名前を考えようと思います。

宰相のイバラ、石化武器を持つキリサメ、そして最凶の戦士モズの三人を見てみます。
元のネタとしては、イバラは茨、キリサメは霧雨、モズは百舌鳥と考えられます。

今まで味方に居る名前としては鉱物や原子、植物や人間の作った道具などが挙げられます。

今後モズに関しては百舌鳥ですから仲間になる可能性もあるでしょう。

しかしイバラ、キリサメの中でも特にキリサメは天気の名前です。
ここが仲間になるのは厳しいかもしれません。

個人的にはキリサメちゃんのポンコツぶりからぜひ仲間になってほしいのですが…

それから宝島から何人仲間になるかも気になりますね。

石化して沈んだ石神村の人々を助ける際に助けた現地の人も気になります。

宝島のポイントとしては、千空の父である白夜たち始祖の人々の墜落地点でもあります。

科学王国の思惑以上に、なにかが眠っている可能性もあります。

ということは第二拠点となりうる可能性もありますね。


Dr.STONE123話の続きは?【ネタバレ注意】

最後に気になるDr.STONE123話の続きはどうなるのかを予想していきましょう!!

以降は敵本陣の攻略からスタートです。
イバラを倒すことができても石化武器の対策をしなくてはなりません。

先ほどの考察が当たっているとするならば、モズを味方に引き入れるのはおそらく石化から復活したコハクでしょう。

もしくはこれからの襲撃戦の末に千空たちの科学力に感動して味方になる、というルートもあり得そうです。

後宮の謎、そしてソユーズと頭首様の関係などもまだまだ気になるところです。

Dr.STONE123話はゲンが光る回でしたね!
他のキャラにもどんどん活躍して欲しいです。
これからのDr.STONEの展開が楽しみですね!

タイトルとURLをコピーしました