イチローが国民栄誉賞を拒否!!裏に隠れる安倍政権の狙いがヤバすぎる!?

イチロー 政治

どうもこんにちは。

桜を見る会で揺れる安倍政権。
支持率もがくっと下がり、かなりのピンチです。

そんな安倍政権が頼ったのはまさかのイチロー!?

イチローに国民栄誉賞を受賞させて支持率を回復させようとする安倍政権のやり方とは!?

この記事ではイチローが国民栄誉賞を拒否した経緯について詳しく解説していきます。

イチローが国民栄誉賞を拒否!!

それでは早速イチローが国民栄誉賞を拒否した経緯について見ていきましょう。

11月26日にイチローが首相官邸を訪れました。

「桜を見る会問題」で報道陣が首相官邸に張り付いている中での登場だったので、記者の方もとても驚いていました!!

そこで行われたのは安倍総理からイチローへの国民栄誉賞を受けてもらえないかという打診。
それに対してイチローが出した答えは『拒否』でした。

今回イチローはオリックスの井上亮社長と三井住友銀行の高島誠頭取と一緒に訪問しました。

形としては2人からのスペシャルゲストとして登場したようですが、正直『国民栄誉賞の私物化』ではないのかというようにも取れてしまいますね。

今回のイチローへの国民栄誉賞打診の裏にあるのはある政治的な狙いです。

イチローは言わずと知れた人気スポーツ選手。

そういった人を国民栄誉賞にすることで国民が
「私たちのイチローを認めてくれるなんて安倍政権はいいやつだ!!」
となるんですね!

そうやって安倍政権は今回支持率の回復を狙ったのでしょう。

国民からの支持率はちょっとしたことですぐに変わりますからね。
現状の流れを変えるための起爆剤にしたかったのだと思います。

支持率が低いと伝家の宝刀『解散リセット』が使えませんから、解散を狙う安倍政権にとってはすぐにやりたいことだったはずです。
それが今回のイチローの拒否でできなくなったのですから、安倍総理も相当悔しいでしょうね!!

イチローは過去にも国民栄誉賞を拒否していた…

国民栄誉賞を拒否したイチローですが、実はこれが初めてではありません。

過去にも3回、今回で4回目の拒否なのです…!!

1、2回目は小泉政権の2001年と2004年に、そして3回目は今年の3月に行われていました。

昔にも国民栄誉賞の打診があったのは知りませんでしたね!!
考えてみればイチローほどの選手であれば当然といえば当然ですね。

しかし国民栄誉賞といえば私たちの認識でもかなりの賞です。
それを4回も拒否したのはすごいですよね!!

これはイチローの奥さんである弓子夫人の意向だそうです。

弓子さんは以前からイチローさんには政治から距離をとって欲しいと話しています。
なので今年3月の国民栄誉賞の打診があったときも弓子さんが断るように諭したそうです。

おそらく今回も弓子さんが拒否するように進言したんでしょう…

『イチローが国民栄誉賞を拒否!!裏に隠れる安倍政権の狙いがヤバすぎる!?』のまとめ

いかがでしたか?

国民栄誉賞というアメに釣られないイチローはさすがですね!!

政治から距離を置いて欲しいという弓子さんの意思をちゃんと汲み取るのが素晴らしいなと思います。

そして安倍政権は人気者にあやかり損ねたわけですが、これからどうなっていくのでしょうか?

これからの動向に注目です!!

↓合わせて読みたい↓
ローマ教皇が桜演説で安倍総理を批判!?思わず安倍が舌打ちしたその内容とは!!

桜を見る会に元暴力団組員が招待!?安倍首相のクビ決定か!?

タイトルとURLをコピーしました