女性宮家を政府が容認!?次の天皇候補は誰?

女性宮家 愛子様 ニュース

どうもこんにちは。

連日天皇皇后両陛下の式典が行われ、注目を集める天皇家。

しかし今その天皇家に関して政府がある施策を容認しようとしています。

それが女性宮家という制度。
女性宮家は今まで男性しか認めてこなかった天皇の座を女性にもできるようにするというものです。

この女性宮家が容認されたら一体どうなるのか?
そして天皇候補は誰になるのでしょうか?


女性宮家を政府が容認!!その裏には天皇候補の滅亡ピンチが…

まずは政府が女性宮家を容認しようとしている背景を説明します。

現在の制度では天皇になれるのは天皇家に生まれた男性だけだとなっています。

というのも現在の皇室典範では女性は結婚と同時に皇籍を離脱するということになっています。

なので必然的に女性天皇は存在できなかったのです。

しかし現在次世代を担う年代の男性皇族は悠仁様ただ一人。

圧倒的なまでの天皇候補不足なのです!!

これではもし悠仁様が病気などで亡くなられてしまった場合、今まで続いてきた天皇家が途絶えてしまうことになります。

これでは政府としてもまずいということで女性天皇でもOKにしようというのが今回の女性宮家容認への流れです。

これに関しては国民も同意見のようで世論調査では7〜8割の方が女性宮家の実現に賛成と答えています。

現代の男女平等の考えが後押しになったのかもしてませんね!

天皇家が途絶えてしまうくらいなら男限定なんてこだわりをなくしてしまえ!という風潮です。

女性宮家の容認で天皇候補になる人はだれ?

もし女性宮家が容認され、実際に創設されたら天皇候補になる方は誰なのでしょう?

女性宮家が制度化されたとしても当主、つまり天皇になれるのは内親王だけです。

その条件を満たしている次世代の天皇候補をご紹介します。

女性宮家容認後の天皇候補①〜愛子様〜

最初に紹介するのは現在の天皇陛下の一人娘、愛子様です。

現在は18歳で学習院女子中・高学科に通われています。

愛子様は天皇陛下の一人娘というだけあり、公務へ同伴し自身も国際親善に関わるなど積極的です。

最近ではイギリスのアン王女夫妻のご懇談にも同席し、英語で質問するなど語学力も堪能です。

現在注目されている皇女の一人と言ってもいいでしょう。


女性宮家容認後の天皇候補②〜眞子様〜

次に紹介するのは秋篠宮家の長女眞子様です。

結婚を発表してから未だに進展がないことで一部から批判が相次いでいます。

眞子様の結婚にタイムリミット!?小室家の借金問題の今がやばすぎる…!!
眞子様の結婚に父親の秋篠宮様からついにタイムリミットが!? 結婚の妨げとなる小室家の借金問題の今がヤバすぎる...!! このままだとタイムリミット中に結婚不可能なその実態とは!?眞子様の結婚はどうなる?

婚約者の小室圭さんの借金問題がどう転ぶのかによって結婚の行方も変わってきます。

しかし結婚をしようとしているということはすでに皇室から出たいという意思が強いということ。

もし女性宮家が制度化したとしても皇室に残る可能性は少ないでしょう。

女性宮家容認後の天皇候補③〜佳子様〜

最後に紹介するのは同じく秋篠宮家の次女佳子様です。

天皇家で最もかわいいと評判の佳子様。

国民的には天皇になって欲しいという声もありそうですが、本人はその気は無いようです。

というのも眞子様と佳子様は幼少期から将来は一般人と結婚して皇室を出て暮らすと考えてきました。
両親である秋篠宮ご夫妻もそのように教育してきたそうです。

そんな考えを今になって覆すというのはなかなか難しいでしょう。


『女性宮家を政府が容認!?次の天皇候補は誰?』のまとめ

いかがでしたか?
女性宮家の実現は正直必須でしょうね…

そうしないと天皇家が途絶えてしまうのでやむを得ないと思います。

しかし女性宮家が容認され、制度化したとしても皇室に残る可能性がある天皇候補は悠仁様と愛子様の2人のみ…

たった2人になってしまうのは寂しいでしょうね…

しかも女性宮家が容認されるのなら、年齢的に次の天皇になるのは愛子さまになるでしょう。

18歳にかかるプレッシャーはかなりのものでしょう。

今後の皇室の動向にも注目ですね!

タイトルとURLをコピーしました