神緒ゆいは髪を結い27話のネタバレ!!

神緒ゆいは髪を結い

どうも、こんにちは。

最近、最新刊の2巻が発売された事で人気が出ている神緒ゆいは髪を結い。

そんな神緒ゆいは髪を結いの最新話27話が9月21日に発売されました。

今回はゆいを始末せずに救うためには、ある者を倒さなければいけない展開になっています…!!

というわけで神緒ゆいは髪を結いの最新話27話のネタバレ、考察、次回の展開予想を紹介していきます!

注)この記事は神緒ゆいは髪を結い27話のネタバレを含みます。
ネタバレが苦手な方はここで記事を読むのをお辞めください


神緒ゆいは髪を結い27話のあらすじ【ネタバレ注意】

まずは神緒ゆいは髪を結い27話のあらすじから紹介します。

アヤ子との戦いも一緒にゆいを始末せずに救う方法を考えようと提案した鍵斗によって終わりを告げました。

なので鍵斗は戦いに一段落ついたので、ゆい、奈央、こやぎ、炎火、まいにゅん、千鶴達クラスメイトを船上パーティに誘いました。

千鶴達クラスメイトは誘ってくれた鍵斗に感謝しており、黒いゆいは一番乗りでプールに入ると早速彼女と因縁があるまいにゅんと一戦交え、奈央は巻き込まれないようにプールを楽しんでいました。

鍵斗はアヤ子によって負傷した箇所が現代医学の粋を尽くしても未だに癒えていないので車いすに乗って参加していました。

そこへこやぎが近づいてきて鍵斗を心配しつつ、自分が黒魔術を使って作ったドリンクを飲むように勧めます。

鍵斗は何が入っているかわからないという理由で拒否して逃げるも、捕まって飲まされます。

鍵斗の誘いに一応応じて参加していたアヤ子は一人古びた本を読んでいると、炎火が船上パーティを楽しんでいるかと声を掛けます。

アヤ子は無理に誘ってきたから参加したが笑顔で楽しむ気にはなれないと言うので、炎火は強引に彼女を鍵斗の元へと連れていきます。

鍵斗はアヤ子が参加してくれた事を喜んでいたが、アヤ子本人は自分がしたことを踏まえると楽しむ資格はないと言いつつも、怪我は大丈夫かと心配します。

しかし、鍵斗はこんな怪我余裕だと言いつつ、そんな暗い顔をしちゃ守れるものも守れないぞと励まします。

そしたらアヤ子の表情が明るくなったので、鍵斗は明るくなったアヤ子の演奏が聴きたいと言い出し、アヤ子も仕方ないわねと言ってヴァイオリンの準備をします。

一度曲を聴いて命を落としかけた黒いゆいはまた自分を始末する気じゃないよなと警戒すると、アヤ子はこれは只のストラディヴァリウスだから問題ないと言って弾きます。

彼女が弾くヴァイオリンの音色を聴いた鍵斗は復活したなと思っていました。

それから鍵斗、炎火、アヤ子、奈央の4人は今後の事を話し始めます。

アヤ子はゆいの体内にいる三戸九蟲は今のところ黒いゆいが抑えているが、いずれ暴走をする恐れがあると3人に語ります。

そんな中でアヤ子はゆいを始末するより確率が低いがゆいを救う方法があると口にし、鍵斗は自分は何をすればいいと食いつきます。

アヤ子は自分達一族が長年追い続けている裏番と呼ばれ、邪馬台国跡地に建つ学園の何処かにおり、蟲を産み続ける日本最古の女王(スケバン)を倒せば、全ての蟲の機能が止まると言います。

そんなかなり確率の低い手段を取ることを決意する鍵斗でした。

神緒ゆいは髪を結い27話の考察【ネタバレ注意】

次に神緒ゆいは髪を結い27話の考察について見ていきます。

ここまで炎火、アヤ子との戦いが続いたので久々の日常回だったので良かったと思います。

序盤に登場していたまいにゅんとこやぎも久しぶりの登場だったので本当に久しぶりだなと感じました。

そして遂に蟲を産みだしている張本人の存在が明らかになったので、彼女探しがメインになってくるのではないかと思います。


神緒ゆいは髪を結い27話の次回の展開予想【ネタバレ注意】

最後に神緒ゆいは髪を結いの次回の展開予想について考察します。

次回は日本最古の女王(スケバン)がいるとされる場所を探す話になるのではないかと思います。

邪馬台国跡地に建てられている学園の何処かにいるとされているので、畿内、四国、九州の何処かだと思いますのでそこら辺をしらみつぶしに探していくことになるのではないかと思います。

全ての蟲を産みだした存在である日本最古の女王(スケバン)は一体何処にいるのか、次回が楽しみです!

タイトルとURLをコピーしました