ワンパンマンの原作って!?ONE作とリメイク版の違いとは!?

ワンパンマン

どうも、こんにちは。

先日アニメも放送され人気絶好調な漫画、ワンパンマン。

ワンパンマンはONE先生がWebで連載しているものが原作というのは有名な話ですよね!

今回はそんなONE先生が描く原作を紹介し、
そのリメイク版と比較していきましょう!!

 


ONEが描く原作ワンパンマンとは?

現在、『となりのヤングジャンプ』で連載中のワンパンマン。

格好いいキャラと、
迫力があるアクションシーンが人気です。

このとなりのヤングジャンプで連載されているワンパンマンは、
村田雄介先生という方によるリメイク版です。

元となっている原作のワンパンマンは、
ONE先生が2009年からWebサイトで配信しているものです。

もともとは読みきり版だったらしいのですが、
ヒットしたために連載することになったらしいです。

一時期は一日あたり10万アクセスも来ていたそうですよ!!

凄すぎる…!!

リメイク版が連載されている今でも更新されており、
現在は116話までが公開されています。

1話から116話まで全部読めるというから驚きですよね!

普通これだけ売れたら一部を非公開にしたりするものですが、
原作ワンパンマンは全部公開しています。

太っ腹ですね!

もし読みたいという方は下のリンクから見れますので読んで見てください!
原作のワンパンマン
一応注意点としては

ONE先生が描く原作ワンパンマンはリメイク版とは違い、
正直言ってしまうと絵が綺麗ではありません(失礼)

ですので、
苦手な人もいるかもしれませんがそこはご了承ください。

内容は予想通り面白いのでそこはご安心ください!!

 

ワンパンマンの原作者ONEとはどんな人物?

1日10万を超えるアクセスを叩き出した原作者ONE先生とはどのような人物なのでしょうか?

ここではONE先生とはどんな人物なのか紹介します!

プロフィール

誕生日:1986年10月29日

代表作:ワンパンマン、モブサイコ

 

子供の頃に親に買ってもらったクレヨンしんちゃんの影響で漫画を書き始めたそうで、

大学時代から漫画をネットに投稿していました。

大学時代から投稿なんてかなり活動的ですよね!

そして2009年にワンパンマンを読み切り版として投稿したところ、
めちゃめちゃ人気が出たので連載することに。

そして2012年には小学館の『裏サンデー』で、
モブサイコ100という漫画を連載開始し、
正式な漫画家デビューをしました。

 

それまでずっとネット漫画家としてやっていただけに、
実際の漫画雑誌に連載を持つというのは大きな変化だったでしょうね。

 

そしてこの2012年に、

村田先生によってワンパンマンのリメイク版の連載が始まりました。

 

このリメイク版によってワンパンマンの人気が爆発し、
晴れて人気漫画家の仲間入りを果たしたんですね!

その後2015年にワンパンマンが、
2016年にはモブサイコ100がアニメ化します。

2019年にはワンパンマンの2期も放送され、
そのクールの人気アニメとして注目されました。

私もワンパンマンのアニメを見ていました!

アクションが迫力あって、
作画スゲーー!!と一人感動していました笑

 


ワンパンマンの原作とリメイク版の違い

ここでワンパンマンの原作とリメイク版って何が違うの?

という方のために二つのワンパンマンを比較していきましょう!

 

まずONE先生の原作ですが、

原作は絵柄がゆるいのが特徴的です。

この絵柄のおかげで、
ワンパンマンの魅力であるシュールギャグが引き立つんですよね!

サイタマのぼーっとした感じがうまいこと表現されているなと感じます。

そして真剣なシーンで恐ろしい敵と向き合っているはずなのに、
なぜか緊張感がなくなってしまうという不思議です笑

 

一方村田先生のリメイク版ワンパンマン。


こちらの画像を見てもらえばわかると思うのですが、

はっきりいうと画力が段違いです笑

キャラクターもかっこよくなり、
背景もしっかり作り込まれています。

現在のマンガニーズに適した絵柄ですね!

 

個人的にはタツマキなど、
女の子が格別に可愛くなっているのがポイント高いです笑

 

そしてこのリメイク版ワンパンマンのもう一つの特徴が、
Web版と単行本版があるということです。

 

Web版とはその名の通り、Webで連載されています。

となりのヤングジャンプというサイトで隔週木曜日に配信となっています。

 

1話から公開されており、

現在は6話から14話を除いて156話までが無料で公開されています。

 

なんでこんな微妙に全部公開していないのかは…

私にもわかりません!!笑

まぁほとんど無料で読めるのでありがたく読んでおきましょう!

またWeb版では時々カラーになったりするという魅力もあります。

カラーだとタツマキの可愛さが5割増しです!

 

一方単行本版ではカラーはないものの、
本編以外の番外編がたくさん収録されています。

本編では描かれていないキャラの意外な一面も見れちゃいます!

これを読んだらよりワンパンマンが好きになることは間違いないですね!!

 

『ワンパンマンの原作版って!?ONE作とリメイク版の違いとは!?』のまとめ

どうでしたか?

 

リメイク版でワンパンマンを好きになったら、

ONE先生が描いた原作の方も読んでみてくださいね!

 

タイトルとURLをコピーしました