【ワンパンマン】金属バットが妹との約束を守った衝撃の理由とは!?

ワンパンマン

ワンパンマンで登場するS級ヒーロー金属バット。

その名の通り金属バットを使い、様々な怪人を倒すヒーローです。

一見怖そうに見える金属バットですが、
彼にはめちゃめちゃ大切にしている妹がいるのをご存知ですか?

しかもその度合いは敵にトドメを刺す寸前にわざわざ戦闘を止めるほど。

今回はそんな金属バットの妹とはどんな人物なのか、そこまで大切にしている理由なども考察していきます!!


【ワンパンマン】金属バットの妹ってどんな人?

その金属バットの妹ですが、名前をゼンコといいます。

金属バットの妹、ゼンコとはどのような人物なのか見ていきましょう。

まずはゼンコのプロフィールから。

プロフィール

年齢:見た目から10歳くらい?
性格:気が強い
趣味:ピアノ

年齢は詳しく明らかになっていませんが、兄の金属バットとは年が離れているようです。

金属バットが17歳なので妹のゼンコは10歳くらいが妥当かなと思われます。

そして性格ですが、兄である金属バットも頭が上がらないほど気が強い性格です。

金属バットもS級なだけあってかなり気が強いのですが、それを上回るとはどんだけやねん…って感じですよね笑

その性格は兄にトドメを刺そうとするガロウに臆さずに仲裁に入ったほど。

普通ならビビって動けないものですが、
兄を守るために真正面から立ち向かう姿は圧巻です。

そんなパワフルなゼンコですが、おしとやかな一面も。

習い事としてピアノを習っていて、
その発表会は金属バットの楽しみの一つにもなっています。

ピアノの習い事っていうのが女の子らしくていいですね!

そしてその発表会を楽しみにしていることから兄妹の仲が良いことがうかがえます。

また意外にもアマイマスクのサインをねだるなどミーハーな一面もあり、普通の女の子なんだなと感じられます。

【ワンパンマン】金属バットが妹に見せる異常性とは?

金属バットの妹ゼンコがどんな人物かがわかったところで、
金属バットが妹に見せる異常性について考えていきたいと思います。

「異常性?なんのこと?」
と思うかもしれません。

私が感じた異常性とはゼンコが初登場したワンパンマンのリメイク版87話の行動です。

 

ヒーロー狩りガロウとの戦闘中、金属バットは不意をついた攻撃でガロウにトドメを刺そうとします。

しかしバットがガロウに当たる直前になって、金属バットは攻撃を止めてしまいます。

その原因は妹のゼンコが戦場にきたこと。

どうするか悩んだ金属バットは結局戦闘をやめます。

どうやらゼンコとの間に
「ゼンコの前では暴力見せない」
という約束をしているようです。

約束を守るのは仁義を通す金属バットっぽいな〜と思います。

 

とはいえ、戦闘中ですよ?
しかも相手は雑魚ではなくガロウという強敵です。

自身も死にかけている中での絶好のチャンスだったのにも関わらず、
妹との約束を優先したのは異常としか思えません。

そこまで重要な約束の裏には何かあるのは明らかです。


【ワンパンマン】金属バットが妹との約束を守る衝撃の理由とは!?

では何があったんでしょうか?

これについてはまだ語られていないので完全な考察となります。

結論から言うとその理由は

お互いが唯一の肉親だからです。

まじ!?となりますよね!
しかしそれを連想させる根拠がいくつもワンパンマンで描かれているんです。

まず「暴力は見せない」というフレーズ。

「喧嘩や暴力をしてはいけない」ではなく「見せない」

気になる言い回しですよね?

暴力を振るう兄が嫌なんじゃないの?
と思うかもしれませんが、それは違うと思います。

ゼンコが本当に暴力が嫌なら暴力を前提とするヒーロー業なんて許すはずがありませんよね?

なので大事なのは「兄が暴力を振るう姿」が嫌いだということ。

ここから何が連想されるのかというと、
かつて金属バットがゼンコの前で暴力を振るったということです。

喧嘩なのかどうかはわかりませんがゼンコが見ているので、おそらくゼンコに関係する何かに怒ったんでしょう。

 

ここでもう一つの根拠に注目してみましょう。

注目するのはワンパンマン75話。

ワンパンマン75話では
金属バットが護衛任務中にゼンコから電話がかかってきました。

任務中だから買い物に行けないと伝えるとゼンコは泣き出してしまいます。

 

このシーンで思ったことは
買い物が行けなくなったからって普通泣きますか?ということ。

先ほどもゼンコの人物像を見ましたが、
年齢は小さいがしっかり者という印象を受けました。

そんなゼンコがこんな反応をするのは違和感があります。

そこから一つの仮説を考えました。

金属バットの両親亡くなっている説

これはお互いの兄妹愛が強すぎる原因が、
お互いが唯一の肉親だからではないか?ということです。

 

お互いに強い執着を持つ兄妹。
ワンパンマン読者には連想されるものがありませんか?

そう、タツマキとフブキです。

彼女たち姉妹も幼い頃から両親と離れたためにお互いに強い執着心を持っています。

これと同じことが金属バットとゼンコにも言えるのではないでしょうか?

 

先ほどゼンコの前で喧嘩をしたのかもといったが、
その原因が「親がいないゼンコをいじめた奴にキレた」と考えると辻褄が合うんですよね。

タツマキがフブキをいじめた奴を叩きのめしたように。

自分のために暴力を振るう兄を見てその姿が嫌になってもおかしくありません。

そしてお互いに失ったら天涯孤独になってしまうから、失望されたくない。
だからこそ金属バットはゼンコとの約束を守るしかないんではないでしょうか?

 

あくまでも考察にすぎませんが、十分にあり得ると思っています。

今後の展開で明らかになることに期待しましょう。

タイトルとURLをコピーしました