約束のネバーランド156話のネタバレ!!明かされる衝撃の真実とは…!?

約束のネバーランド

どうもこんにちは。

これまでに食べた鬼たちの中から顔の無い姿で女王が現れます!

斬っても死なない女王に絶望したエマたちの前に一筋の光が差し込みます!

今回はその「約束のネバーランド156話」のネタバレを紹介していきます!!

注)この記事は「約束のネバーランド156話」のネタバレを含みます。 ネタバレが苦手な方はここで記事を読むのをお辞めください


約束のネバーランド156話のネタバレ!!

早速約束のネバーランドのネタバレを紹介します!

これまでに食べた鬼の中から生まれた顔の無い女王。

その生まれ変わった能力や禍々しさにエマたちは絶望を隠せません。

【約束のネバーランド156話ネタバレ】女王の復活

顔が無い女王の姿はかつて寺で出会った鬼のようで虫がふ化するように生まれました。

すると女王は話し出し、GFの第3飼育場の特上が生きていたことを歓喜します。

そして今までの王都や配下たちへの攻撃を許すと言い出します。

しかし代わりにΛの食用児やGFの脱走者も全て自分の手に戻ることを明かします。

そしてザジを食すために無数の口が現れました。


【約束のネバーランド156話ネタバレ】女王の能力

ザジはすぐに気づいて女王を真二つに切り裂きます。

するとすぐに女王はくっつきザジの首に手刀を当て吹き飛ばしてしまいます。

レイやエマも射撃体勢に入りますが、すでに見切られています。

今までの戦いのダメージも完全に回復し、頭部の中には脳もありません。

しかし顔が無くてもレイたちを見て判断していることレイは直感していました。

銃は効かないと分かっていても何かの意味を得るためには充分だったのです。

すると女王の放った殺気にエマたちは一歩も動けず、あっという間に目の前へ接近を許してしまいます。

【約束のネバーランド156話ネタバレ】希望の一筋の光

女王の接近によって窮地に陥ったエマですが、次の瞬間に女王へ槍が刺さります。

攻撃の正体はかつて出会った鬼の仲間のソンジュとムジカだったのです。

彼らは城下の混乱を民衆で対処できるまで対応し、ドンやキルダたちに抜け道を教え王都から抜け出せるようにしてくれていたのです。

そしてソンジュは槍を自力で抜いた女王に和平や交渉も見込めないことを伝えました。

ムジカは五摂家がすでに亡くなり、交渉できそうなイヴェルク公たちのみしかおらず間に合わなかったことを直感します。

【約束のネバーランド156話ネタバレ】女王との決戦開幕!

女王はソンジュたちが人間に肩入れしていることを不思議に思いつつも、邪血の鬼たちの始末と脱走者たちの奪還をまとめて行えることに喜んでいます。

ソンジュたちも女王から逃げ回ってきた700年間の因縁に決着をつけるために女王を殺すことを誓い、臨戦態勢に入ります。

女王も臨戦体制に入り余裕を見せますが、ソンジュが自分の弟であると告げたのです。

『約束のネバーランド156話のネタバレ!!明かされる衝撃の真実とは…!?』のまとめ

「約束のネバーランド156話」はいかがでしたか?

復活を果たした女王は頭部を斬っても死なないという能力を手にしていました。

エマたちを助けに現れたソンジュたちに勝機はあるのでしょうか?

そして女王から述べられたソンジュとの関係は事実なのでしょうか?

ソンジュや女王の過去や家族関係についても気になります!

これからの「約束のネバーランド」の展開が楽しみですね!

タイトルとURLをコピーしました