約束のネバーランド150話のネタバレ‼︎

ファンタジー

どうもこんにちは。
前回ノーマンと手を組み打倒女王を掲げ王都へと乗り込み攻撃を仕掛けたギーラン家で終わった約束のネバーランド。

週刊少年ジャンプは毎週月曜日発売ですが来週再来週は三連休のため2週連続土曜日に発売となります。
約束のネバーランド150話が発売されたので紹介します。

約束のネバーランド150話のネタバレや考察、150話の続きの考察まで詳しく見ていきましょう!

注)この記事は「約束のネバーランド150話」のネタバレを含みます。
ネタバレが苦手な方はここで記事を読むのをお辞めください


約束のネバーランド150話のあらすじは?【ネタバレ注意】

早速約束のネバーランド150話のあらすじをネタバレしていきます!

149話で無事王都へと乗り込み女王を討つ状況を綿密に作りあげたギーラン一家。
女王を追い詰めた一家ですが、さすが女王すぐにやられてしまうような登場キャラではありません。
約束のネバーランド149話からわかるように相当な実力の持ち主のようでした。

そんな女王に対して、しっかりと策を練っていたギーラン一家はギーランの部下が自らの命と引き替えに女王と爆薬のようなもので命を絶とうとするラストシーンで終わります。

さっそく気になるその爆破の結果を見ていきましょう。
結果的に言うと爆破による女王へのダメージは全くありません。
なぜならあの爆破は女王の身動きをとれなくするための粘着物資をまとわせるためのものだったからです。

約束のネバーランドでは鬼がつけている仮面を壊し打ち倒すというのが鬼討伐のセオリーのため、いきなり仮面を爆破するのではなく、討伐するために身動きをとれなくするというのは意外だったのではないでしょうか。

粘着によって女王の動きをとめることに成功したギーランは部下を喰うことによって自らを強化し自ら復讐へと動きます。
後は仮面を壊し倒すだけの簡単な作業ですね。

ですが、もちろん相手は女王、仮面を壊すだけでも強くなったはずのギーランですら一苦労です。
ギーランは何度も攻撃を与え徐々に仮面を壊していきます。
そしてついに仮面壊し、700年待ったギーランの復讐が成し遂げられる時がついに来たと思われた瞬間・・・

ギーランの剣先が女王に届くと思われた瞬間にギーランは八つ裂きにされてしまいます。

いくら粘着をしたからといってもずっと女王の動きを止めておくことは不可能だったようです。
気がつけばギーランは首を境目に頭と胴体で別々になっている状態。女王にとっては一段落といったところでしょうか。

しかし、現在王都を攻撃しているのはギーラン一家だけではありません。
ギーランと同盟を組んだノーマン率いる食幼児達も鬼を討伐し、王都を制圧しようとしています。
ギーランとノーマンはお互い同盟を組んではいますが、それぞれ王都を制圧した後は同盟相手を潰そうと考えています。

お互いそんな駆け引きをしている中、食幼児達がこの機会を逃すわけがありません。ギーランを倒した女王の目の前にすぐ現れたのは、ノーマンによって解放されたラムダ出身の食幼児でした。
しかし、ギーランでも倒せなかった強さを誇る女王相手に食幼児達はどのように立ち回るのでしょうか。

約束のネバーランド150話は食幼児の登場で終わりです。次回どのような戦いが展開されるか楽しみですね。

約束のネバーランド150話の考察【ネタバレ注意】

続いて約束のネバーランド150話の考察を見ていきましょう。

2週連続でギーラン一家と女王が戦いました。
女王の強さは圧倒的でしたね。
なぜそこまで女王は強いのでしょうか?

その理由は質の高い食幼児によって強さを保っているからだと推測できます。
ギーランは自分の領土の民や部下を復讐のために喰いましたがやはり特別の育てられた食幼児と比べると鬼の強さを保つためには質が低いように思われます。

ラムダ出身の食幼児は他の食幼児に比べ戦闘に特化している印象がありますね。野良の鬼に対しても普通に戦っていました。となると女王に対しても肉弾戦といった感じになるのでしょうか?来週も楽しみです。


約束のネバーランド150話の続きは?【ネタバレ注意】

ギーラン一家との戦闘を終え、ついに人間VS鬼となりそうです。
いままで様々な工夫で鬼を倒してきた人間ですが、今まで見てきた鬼の中でダントツの強さを誇る女王相手にどのような立ち振る舞いを見せるか楽しみです。
ノーマンは別行動ですがもうそろそろエマが戦いを阻止しに介入してきても良さそうですね。

今後の約束のネバーランドの展開が楽しみですね!

タイトルとURLをコピーしました