夜桜さんちの大作戦11話のネタバレ!!ミサイルの発射はゲームで止める!?

夜桜さんちの大作戦

どうも、こんにちは。

最近、人気が出ている夜桜さんちの大作戦。

そんな夜桜さんちの大作戦の最新話11話が11月2日に発売されました。

というわけで夜桜さんちの大作戦の最新話11話のネタバレを紹介していきます!

注)この記事は夜桜さんちの大作戦11話のネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はここで記事を読むのをお辞めください


夜桜さんちの大作戦11話のネタバレ!!

それでは早速夜桜さんちの大作戦11話のネタバレを紹介します。

四怨のゲーム部屋へと案内され、ゲームをする事になった太陽。

しかし、彼はまだ状況を飲み込めずにいました。

六美が言うには、四怨はよく誰かをゲーム相手にし、先週は幸三が五徹して倒れたとの事です。

因みに彼女は応援と栄養補給と応急処置担当で、太陽は命の危機なのかと呟きます。

【夜桜さんちの大作戦11話ネタバレ】ゲーム開始

今日は小手調べと言った四怨はゲームを始めると、ゲームの映像が出てきます。

映像を見た太陽は何処かで見たことがある絵面だと突っ込みました。

バチモン臭とレトロ臭を感じている太陽に、自分の自作ゲームだと言う四怨。

操作は兎に角出てくる敵を倒す事ですが、敵は凶一郎そっくりなので見覚えのある顔と突っ込む太陽。

念入りにかつ容赦なく敵を倒していく四怨似のキャラクターの動きに、太陽は攻撃グラフィックが生々しく感じています。

あっという間にボス戦に突入し、ボスである凶一郎似の列車をボタン連打で食い止めてクリアします!

しかし、ゲーム性が薄い等の事で太陽は達成感を感じられませんでした…。


【夜桜さんちの大作戦11話ネタバレ】突然のミッション

何でこんなゲームをしているんだと思っている太陽の耳にニュースが飛び込んできます。

内容は暴走していた車両が急に停車と言うニュースでした。

四怨は、任務対象のシステムにハッキングしてゲーム変換させる事でクリアする仕事スタイルなのです。

先程のニュースの内容もさっきやったゲームをクリアしたからでした。

六美曰く四怨はハッキングのプロで、スパイ界ではパソコンの大先生と呼ばれているとの事です。

早速、過激な環境保護団体が国会議事堂に向けて放つミサイルの発射を阻止する任務が開始されました。

ゲーム内にあるロケット凶一号を倒せば、ミサイル発射を阻止出来ると言う四怨。

そしてゲームが開始され、順調に進めていく四怨に対し、太陽は手こずっていました。

そんな太陽に四怨は繊細さや精密さもスパイには必要だと言おうとしますが、その間に太陽似のキャラクターが壁をすり抜けました。

太陽自身もどうして出来たのかが分かりません。

六美はコマンド入力で起こせる裏技の壁抜けをしたと言い、太陽を褒めます。

四怨は卑怯だぞと怒りつつも、自分似のキャラクターを操作して向かってくる凶一郎似の敵達を一掃していきます。

一方で太陽似のキャラクターはマッチョで動物の尻尾を生やし、無敵状態になって敵を無双していました。

本人ですら何が何なのか良く分からないのに四怨に怒られたので、太陽は泣きます…。

何だかんだで四怨は自分似のキャラクターを操作してセキュリティーの隙間を狙って精密な動きで潜り抜けます。

そして、ロケット凶一号を殴って破壊します!

【夜桜さんちの大作戦11話ネタバレ】もう一つのミサイル

しかし、過激な環境保護団体が隠していたもう一つのミサイルが発射されました…!

こうなったらアクセスできないので幸三に迎撃を頼もうとする四怨。

対して太陽は止まっているミサイルを利用できないかと提案し、四怨も面白いと言って賛同します。

一度破壊したシステムを太陽のバグで復活させる事でミサイルを飛ばし、落ちないようにずっとボタン連打をする2人。

四怨はスマートではないが嫌いじゃないと言って最後のボタン押しをする事で、ミサイル同士ぶつけて撃破しました!

四怨は頭の中までバグってると太陽を褒めます。

しかし、バグチートだけではゲームを語る事は出来ないと言って更にゲームを勧めます。

その結果、太陽は三徹する事になりました。

『夜桜さんちの大作戦11話のネタバレ!!』のまとめ

いかがでしたか?

夜桜さんちの大作戦11話のネタバレを見て、偶然とはいえバグを起こした太陽の運の良さと凄さが分かったのではないかと思います。

偶然とはいえ、バグや裏技ばかりしていると生粋のゲーマーに怒られるのも無理ないですね。

これからの夜桜さんちの大作戦の展開も楽しみです!!

タイトルとURLをコピーしました