夜桜さんちの大作戦5話のネタバレ!!

夜桜さんちの大作戦

どうも、こんにちは。

最近、新連載として始まった事で人気が出ている夜桜さんちの大作戦。

そんな夜桜さんちの大作戦の最新話5話が9月21日に発売されました。

今回は太陽が監禁され、彼との交換として六美が敵の人質になる展開になっています…!!

というわけで夜桜さんちの大作戦の最新話5話のネタバレ、考察、次回の展開予想を紹介していきます!

注)この記事は夜桜さんちの大作戦5話のネタバレを含みます。
ネタバレが苦手な方はここで記事を読むのをお辞めください


夜桜さんちの大作戦5話のあらすじ【ネタバレ注意】

まずは夜桜さんちの大作戦5話のあらすじから紹介します。

太陽は目を覚ますと周囲は真っ暗で、自身は椅子に座らされた状態で手錠をかけられていました。

まるで拉致監禁みたいだと笑いながら言うと、今の自分の状態から本当に拉致監禁されてると驚きます。

太陽は昨日夜桜家で週刊スパイのバックナンバーで勉強していて、その際に何者かに抑えられて捕まったのを思い出すが、どうして自分が捕まったのかが理解できませんでした。

真っ暗なので状況は掴めないが、人が周囲にいない事が分かった太陽は偽皮で隠した針を使って手錠を外すと、人差し指を口にくわえて離す事で空気の動きを探りながらゆっくり歩きます。

やがてドアノブに手をかけて開けると倉庫みたいな部屋がありました。

外に出ると自分を連れ去った者の手下が太陽の後頭部に銃口を突き付けて、部屋に戻るように言います。

太陽は敢えて押し返してセミオート銃の点火装置を無力化すると、相手のバランスが崩れた隙をついて銃と腕をわきで固定してから相手の顎を打ち抜いて倒します。

それによって仲間に感づかれた太陽は排気口の中に入り、花々が沢山ある部屋に辿り着くと肩の脱臼を元に戻します。

太陽の目の前には花に水を上げている眼鏡をかけた男性がおり、太陽の事を評価するが無理をすると駄目になると忠告します。

太陽は目の前の男性が週刊スパイに載っていた運び屋の花輪なのに気づいて、拳銃を取り出して構えます。

しかし、花輪は安全装置を外していない事に気づいているのかそんな甘い考えだから愛する妻を守れないのだと言います。

六美に何かしたのかと思った太陽は素早い動きで花輪に襲い掛かるが、余所見をしていた花輪はいとも簡単に太陽の攻撃を片手で止め、彼を簡単に抑え込みました。

花輪が太陽に何かをしようとした瞬間、六美がやって来て太陽を解放するように花輪に頼みます。

六美曰く彼らは正攻法で自分を捕まえるのは無理だから太陽を人質にしておびき寄せようとしていたとの事です。

花輪は部下に指示を出して太陽を拘束させて殴らせて気絶させました。

太陽が目を覚ますと目の前には凶一郎がおり、六美は人質である太陽に花輪が危害を加える可能性があるから太陽を守るために自らその身を差し出したのだと話します。

他の兄弟の調べで3日後に花輪は六美を依頼人に引き渡すことを探り当てており、凶一郎はこの3日間で実践訓練を行って太陽を六美に相応しい男にしようとしていました。

凶一郎曰く太陽はまだ三流以下なので一流を知るには心と体に直接刻み込んだ方が手っ取り早いとの事。

太陽はあんな思いをするのはごめんだと心の中で思い、凶一郎にけいこを頼むでありました。

夜桜さんちの大作戦5話の考察【ネタバレ注意】

次に夜桜さんちの大作戦5話の考察について見ていきます。

前回の話は特に六美の命を狙う話ではなく学園での日常回だったのですが、前回の話の内容が今回の話の布石になっていた事に驚きましたね。

今回の話で訓練によって技を駆使した太陽ですが敵に簡単に捕まり、簡単に抑え込まれ、当主である六美の身柄と引き換えに解放されるという良いところが無かったので、凶一郎との訓練で捕まる前よりも一回りも二回りも成長してほしいと思いました。


夜桜さんちの大作戦5話の次回の展開予想【ネタバレ注意】

最後に夜桜さんちの大作戦の次回の展開予想について考察します。

次回は凶一郎との訓練がメインになるのではないかと思います。

これまでは彼より下の兄弟と訓練をするのが多かった太陽ですが凶一郎との訓練は初めてになります。

心と体に刻み込むと言っていましたので、かなり厳しい訓練になるのではないかと思います。

この訓練を経て、太陽がどれだけ成長できるのか、次回が楽しみです!

タイトルとURLをコピーしました