夜桜さんちの大作戦6話のネタバレ!!

夜桜さんちの大作戦

どうも、こんにちは。

最近、新連載として始まった事で人気が出ている夜桜さんちの大作戦。

そんな夜桜さんちの大作戦の最新話6話が9月30日に発売されました。

今回は六美がいるかもしれない場所に向かうも太陽のミスで失敗しますが、助けた少女から六美の情報を聞く展開になっています…!!

というわけで夜桜さんちの大作戦の最新話6話のネタバレ、考察、次回の展開予想を紹介していきます!

注)この記事は夜桜さんちの大作戦6話のネタバレを含みます。
ネタバレが苦手な方はここで記事を読むのをお辞めください


夜桜さんちの大作戦6話のあらすじ【ネタバレ注意】

まずは夜桜さんちの大作戦6話のあらすじから紹介します。

六美を助けるために太陽は凶一郎からスパイとしての過酷な訓練が始まるのだが、何故か花輪のアジトに来ていました。

凶一郎が言うには一流を知るには心と体に直接刻むのが一番との事で、そのために凶一郎は太陽を鋼蜘蛛と言う糸で縛って操る事で現場の空気を感じつつ、スパイとしての正しい動きを肉体にトレースしようとしていたのです。

それにフラワー便は商品となる人質を流通網にのせるので外部から探るのは不可能で、幹部以上の者達が持っている各商品の流通データが記憶されている情報端末を奪うために、アジトに来たのだと話す凶一郎。

そして潜入ルートやセキュリティは既に解析済みで逃亡経路も制圧済みだから、確実にデータを奪うだけでこれをしくじれば六美救出の難易度は高まると凶一郎は言います。

こうして任務兼訓練が始まり、太陽は気づかれないように天井を進むが降りたと同時に見つかってしまいます。

そして護身銃である八重から電撃を放って敵の通信網を封じ、すかさず接近して敵のナイフによる攻撃を部屋着で受け止め、顎への攻撃、首絞め、目打ち、金的攻撃で撃破します。

これまでの動きは全部凶一郎が動かしていたので、太陽本人はボロボロでしたが元気薬を注入されて復活して動き出します。

やがて荷物をベルトコンベアーで運んでいる部屋に辿り着くと、凶一郎は端末の破損等を検知すると工場全体の機能が停止するから細心の注意を払いつつ、心を乱さないように奪取するよう太陽に命じます。

しかもここからは鋼蜘蛛無しで動くように言われた太陽は、早速動きます。

敵を一人気絶させて幹部以上の人の元に近づくが、ベルトコンベアーの箱の中から少女が親に助けを求める声を発します。

太陽は最初は六美のためだと言い聞かせるが、少女の声を聞くたびに家族を失った自分とだぶらせてしまい、つい飛び出して幹部以上の人達2人を倒して止めようとするが止めきれなかったのでやむなく銃で撃ち抜いて止めました。

これによって侵入されたことに気づかれ、敵が一斉に襲い掛かったが凶一郎によって倒されます。

そして彼は太陽に今の行動を否定はしないが、行動に伴う責任を冷静に判断するのもスパイの責務だと諭し、今の行動で六美の手掛かりを失った責任を受け止められるのかと言います。

取りあえず少女を助けた太陽は六美に心の中で謝るが、少女は太陽が身に着けている指輪を見て、花の車に乗った六美と同じ指輪だと言ったので凶一郎は詳しく教えてほしいと頼むのでした。

夜桜さんちの大作戦6話の考察【ネタバレ注意】

次に夜桜さんちの大作戦6話の考察について見ていきます。

今回の少女救出の是非に関しては難しい判断だったのではないかと思います。

スパイとしては駄目だけど、普通の人なら正解と言える判断なので、太陽はスパイの出ではなく一般人かつ過去の事があるので助けに行ったんじゃないかなと思います。

結果的に少女が六美の事を知っていたので結果オーライでしたが、下手すれば責められる事もあったのではないかなと思いました。


夜桜さんちの大作戦6話の続きの展開予想【ネタバレ注意】

最後に夜桜さんちの大作戦の次回の展開予想について考察します。

今回の話で助けた少女が六美の事を覚えていたようなので、次回は彼女からの情報を元に動き出すのではないでしょうか。

情報と言っても小さな子供からのものなので本来なら参考程度にしかなりませんが、夜桜家の者なら何気ない情報でもすぐに居所を突き止めるのではないかと思います。

そしてその居所に太陽と凶一郎が向かうのではないでしょうか。

『夜桜さんちの大作戦6話のネタバレ!!』のまとめ

どうでしたか?

今回の夜桜さんちの大作戦6話のネタバレを見て、助け出された少女からもたらされる情報が何なのか気になったのではないでしょうか。

この記事で夜桜さんちの大作戦6話のネタバレがどんな話だったのかが、理解してくれると嬉しいです!

これからの夜桜さんちの大作戦の展開が楽しみですね!

タイトルとURLをコピーしました